事務局員紹介

安藤満寿江事務局員

 NPO法人おひとりさまに勤務して10か月がたとうとしています。名古屋市役所を早期退職し、女性団体の新日本婦人の会愛知県本部(新婦人は54年前に平塚らいてうや画家のいわさきちひろらのよびかけで誕生)の専従を9年勤め、いま第3の職場です。平和を守ること、女性の地位向上をめざすことをライフワークとしてきましたが、高齢者の人権や介護の問題、社会福祉についてはじめての仕事です。

 市役所時代は、市税の広報担当者として税金の使われ方をポスターなどでPRするため各局担当者と折衝したり、教育委員会では中川図書館の建て替えに携わったり、山田高校の事務長として本庁に予算要求のため日参したりとかで、福祉行政については昇任試験の勉強でかじった程度でした。

 高齢化社会とか下流老人、認知症だとかが取りざたされて久しいですが、国や自治体の福祉予算は削られるばかり。高齢者のお一人お一人が人生の最後まで、長生きできて良かった、この町に住んでよかったと思える社会に早くなりたいものです。

 そんな中で、身元保証・生活支援の「おひとりさま」の仕事の意義、やりがいを感じている今日このごろです。私たちに出会ったことにより、ご利用者のみなさまがご自宅であるいは老人保健施設や特別養護老人ホーム、サービス高齢者住宅に入られ、生き生きと老後をすごされる姿を見るにつけ、また、遠方にお住まいのご家族やご親戚のみなさまがほっと安心される様子に、もっと「おひとりさま」のことを知っていただかなくてはと思っています。

 名古屋市の敬老パスで通勤する日々、自分の健康にも留意しながら、高齢者が豊かな人生をすごせる愛知、日本になってほしいと願って支援員の仕事に臨む毎日です。

 

森下俊治事務局員

冠婚葬祭業界で約30年間勤め、昨年11月よりNPO法人「おひとりさま」に入り支援員をしております。人生の終わりかけの部分に携わるという意味ではよく似ていますが、内容は全く違いました。葬祭業界に長くいましたが、福祉や介護のことは全く知りませんでしたし、互いの業界のことは、ほぼ無知に近いと感じました。福祉介護・葬儀と分離しているわけではなく、連続した人生ですから、もっと、知識や情報を共有し合うような業界同士の関係が今後必要でしょうし、微力ながらお役に立ちたいものです。

 現在、私は担当サブ含め約12名の方(生保5名)の支援をしております。「おひとりさま」は組織として小さいため、分業ではなく、説明から契約そして支援とほぼ一人でやります。そのため、福祉・介護の知識を詰め込まざるを得ませんでした。これが、短期間でかなりの知識を得ることとなり、また、当初つたない知識しかない私なのに、色々とやらせていただいたことも感謝しております。

 人は80才90才になっても、振り返ればあっというまの人生でありますが、前を向けば、まだまだ未知の人生です。利用会員の環境に合わせ、できる限りのコミュニケーションを取り、きれいごと(寄り添うとか相手の身になってとか)ではなく、考えられるベストでシビアな選択肢を会員に提示できるように、日々勉強していきたいと思っています。